平昌オリンピック

平昌オリンピック女子カーリング銅メダルおめでとうございます!!

冬のオリンピックといったらフィギュアスケートの次に応援している競技がカーリング♪

女子カーリングはメディアに取り上げられることも多く、2006年トリノ五輪では「まりりん♪」との愛称でカーリングの人気に火をつけ本橋麻里選手の写真集も出ましたね

写真向かって一番右が本橋麻里さん♪今大会はリザーブ、チームキャプテンとしてベンチで熱いエールを仲間に送っていました

 

LS北見を立ち上げた本橋麻里さん

いまある女子カーリングのメンバーが出来たのも本橋麻里さんの声掛けから始まったという

チームを立ち上げるところから開始した本橋さんは先ずスポンサーと選手を探すところから始め

最初に選手として声をかけたのが吉田知那美選手で、北海道銀行で所属し一度はオリンピックで参加したもののその後は戦力外通告を受け辛い時期を送っていただったそう

そして次に声をかけたのがチームの司令塔である所属していた中部電力を退部した藤沢五月選手と選手を集め今の銅メダルの仲間を結成させていったといいます

 

連戦の疲れも出て鈴木夕湖選手はストーンがサークルを通過してしまうなどありましたけれどもチーム力で乗りきる姿を見て

私も頑張らなきゃといった気持ちにもさせてもらえましたね

 

笑顔が絶えないチームジャパンが一丸となってフォローしあい気が抜けないゲームに励む姿に熱くなりました

オリンピックが終わってカーリング女子が口々に語ったのが本橋麻里さんへの気持ちで、吉田知那美選手は「真理ちゃんのために1投1投なげました!」と語りました

 

次回冬季オリンピックでのカーリング女子の動向がきになります♪

カーリングが出来る場所を今度さがさなければ!見てるだけじゃなくて実際にゲームしたいです♪

 

カーリング女子の皆さんは本当に肌がキレイ♪

カーリングは第一戦から私は全て観戦していたわけですが、毎回思うのが彼女たちの美肌!!

選手として出場していた4人は24才が1人、26さいが3人という若さなので玉のような美しさで見惚れていました♡

 

それに対し今年47才を迎える私の肌はと言いますと・・・

年齢と共にコラーゲン量や体内の水分保持などの力が低下しているため年齢に応じたケアが必要!

「ケアを怠らなければ肌はそれに応えてくれる」と数カ月前にお会いした美容部員の方に教えてもらいました

でも、育児ママは第一に子供のお世話に注がれるため自分のことは二の次になり

ケアを忘れ気付けばカサカサゴワゴワ肌になってて「あ~やっちゃったよ・・・」なんてのが日常!!

 

でも、ケアが出来る時で構わないので、しっかり年齢にあったスキンケアが行えていれば肌老化をくいとどめることはできるので超高齢ママは諦めず

息子が自慢できるようなキレイなママになれるよう手を尽くして頑張りたい♪

 

次回は肌を活性化させて若返り目指すスキンケアを試してみたので、レビューしていきます♪

よかったら参考にされてくださいね♪

 

ケアした私の肌はシルクのような手ざわりに~

やはり年齢に合った適切なケアは肌が喜びますね^^

 

 

 

ABOUT ME
akiko
44才出産を機に肌トラブル続出!アラフォーから急激な老化肌も加わり若返り肌を目指して40代の肌に合ったスキンケアを探しています~
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。